感染症治療薬、ジスロマックを服用する前に。簡単な知識だけでも知っておきましょう。

ジスロマック使用上の注意

ジスロマックとはマクロライド系の抗生物質で、様々な感染症治療に用いられる治療薬です。
病原菌となっている最近の蛋白合成を阻むはたらきにより、抗菌作用を得ることができます。

ジスロマック使用上の注意として、以前に薬を使用したときにかゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことのある方や、肝機能障害や心疾患がある方などは必ず担当の医師や薬剤師に相談してください。
また、薬を服用してじんましんや息苦しさなどのショック症状を起こしたことのある方、本人や家族が喘息やじんましんなどのアレルギー体質である方、妊娠中、授乳中の方も相談してください。
ほかにも、意識障害が起こることもありますので、車の運転などを行う際には十分に注意する必要があります。

副作用として、下痢や嘔吐、吐き気、腹痛などの症状がでることがあります。
ほかにも、血栓性静脈炎やカンジタ症、アトピー性皮膚炎の悪化、発疹、かゆみ、多汗症、脱毛など様々な副作用が報告されています。

服用は必ず指示された用法・用量の通りに服用してください。
飲み忘れた場合の対処についても医師に指示を仰ぎ、その判断に従いましょう。
誤って多く服用してしまった時は、速やかに医師・薬剤師に連絡し、相談してください。